自然教育園 生き物

コガネグモ科~サツマノミダマシ(薩摩の実騙し)

緑色のとてもきれいな蜘蛛です。この不思議な名の由来は、その姿が、京都府や福井県の一部で「サツマの実」と呼ばれていたハゼノキの果実に似ていることからだそうです。

サツマノミダマシ

  • クモ目コガネグモ科ヒメオニグモ属
  • 分布 本州、四国、九州
  • 大きさ ♂8~9mm ♀8~11mm
  • 出現 6~8月、年1化
  • 夜行性

サツマノミダマシ

7月17日・自然教育園

 

腹部は円に近い卵形、背面は鮮やかな黄緑色、前方両側に黄色い帯状の斑紋があります。歩脚は全体に褐色を帯び、各節の末端は濃色になり、体に近いところはやや緑色を帯びます。

サツマノミダマシ♀ 

サツマノミダマシ♂

8月5日・自然教育園

 

雄は脚が長く、全体に毛が多く見られます。頭胸部には暗色の縁取りがあります。腹部は小さく細く、雌より緑色が濃く、黄色い帯状の斑紋が明確なようです。

サツマノミダマシ♂

夜行性で昼間は葉などで休んでいます。夕方になるとあまり大きくない垂直円網を張り、中央に潜んで盛んに昆虫を捕獲します。朝になると網の外枠の水平部分だけを残して畳み、貴重なたんぱく質である畳んだ網は食べてしまいます。

関連記事

よく似たワキグロサツマノミダマシです。

コガネグモ科~ワキグロサツマノミダマシ(脇黒薩摩の実騙し)

緑色のとてもきれいな蜘蛛です。サツマノミダマシとよく似ています。サツマノミダマシという不思議な名の由来は、その姿が、京都府や福井県の一部で「サツマの実」と呼ばれていたハゼノキの果実に似ていることからだ ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.