自然教育園 生き物

ツトガ科~ツトガ(苞蛾)

草むらを歩いていると飛び出すものが

ツトガ

ツトガ

♀ 8月21日・自然教育園

  • チョウ目ツトガ科ツトガ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州、対馬、沖縄
  • 開帳 24~38mm
  • 出現期 6~8月
  • 幼虫の食草 イネ、シバ
  • 完全変態
  • 越冬 若齢幼虫

ツトガ

雌の方が大型。触角は雄が太く長く、めすは糸状で短く、写真は全て雌です。

ツトガ♀ 

前翅は細長く淡褐色、翅頂は尖り外縁は中央で凹みます。前翅に縦に黒い破線入り、外縁部に白帯があり、黒い斑紋が並びます。後翅は雄は淡褐色、雌は淡色です。この種類にしては下唇鬚は短めです。

ツトガ♀

成虫の寿命は1週間ほどだとか。幼虫は芝や稲の害虫と言われます。土中に糞や枯葉のクズを糸で紡いで苞を作り潜んで食害します。若齢幼虫で越冬し、、初夏に蛹化します。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.