自然教育園 生き物

ハマキガ科~チャハマキ

チャハマキ

  • チョウ目ハマキガ科ハマキガ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄諸島
  • 開帳 19~37mm
  • 食草 広食性 ツバキ科、ミカン科、マメ科、ミズキ科などの葉
  • 出現期 3~11月 年4~5化
  • 完全変態
  • 越冬 中齢幼虫

淡黄褐色の蛾、雌は雄より大型です。性的2型が顕著で外見がかなり異なります。雄は前翅基部に半円形の前翅褶が飛び出し、前翅縁の中央に2つの黒褐色の紋、前翅の中央下部に褐色の大きな斜帯があります。まだ出会ったことがないのですが、写真で見ると変な形。

チャハマキ♀

♀・7月3日・自然教育園

 

雌は紋がはっきりとせず、薄い斜帯と短い横線が並んでいます。

チャハマキ♀

生態

葉表に淡黄色の卵を100~200個、うろこ状に重ねて産卵、3~5の卵塊を産み付けます。1~2週間で孵化し、若齢幼虫は上下2枚の葉を綴り合わせて食害を起こします。幼虫期間は30日、越冬時は6か月、老齢幼虫は数枚を綴り合わせて食害をします。葉巻内で蛹になります。3月頃、越冬世代の成虫が出現します。茶畑で集中して発生することがあります。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.