植物 野草 雑草 生き物 植物の構造

キジカクシ科~アマドコロとナルコユリ=ヒゲナガクロハバチの食卓

木の下で下向に明かりと灯したような白いこの花をずっとナナコユリだと思っていましたが、アマドコロ(甘野老)でした。お花屋さんではナルコランと呼ばれているそうで、それで混同したのかもしれません。

アマドコロ

灯をともしたようなアマドコロの筒状花

北海道から九州の草原や林縁に自生する在来種でキジカクシ科アマドコロ属の多年草です。ヨーロッパや東アジアに分布しています。ユーラシア大陸には班のないアマドコロが自生しているそうです。アマドコロとは根茎がよく似る苦ーいオニドコロと違って食べられるのでこの名が付けられました。根、若い芽が山菜として食べられています。別名、キツネノチョウチン、チョウチンバナ、アマナ。

茎・葉

アマドコロの稜のある茎

草丈35~85cm。地下茎には結節がなくが横に伸びて先端に花茎を立てます。茎の下部は直立、途中から斜上し上部には5~6陵があります。

アマドコロの出てきたばかりの葉

出てきたばかりの葉

葉は柄はなく互生、長さ8~16cmの長楕円形で先端が尖ります。無毛で裏面は緑白色、斑入りの品種もあります。

アマドコロの葉柄はなく長楕円形の葉

アマドコロの2個づつ並んだ筒状花

花期は4~5月。花柄は葉腋から出てアーチを描いて下がり1~2個づつ並んで筒状花を付けます。花径17~19mm、花柄と花のつなぎ目がなめらかです。花は筒状に合着して6裂した先端に毛があります。雄しべは6本、花糸の途中まで花筒と合着しています。

アマドコロの先端に毛がある筒状花

果実

果実は1cmの球形の液果、黒色で中に4mmの茶褐色の種が4個入っています。

アマドコロとナルコユリの違い

アマドコロ  ナルコユリ
 陵がある つるつる
 幅が広い  細長い
花期 4~5月 5~6月
花柄と花のつなぎ目  なめらか  突起状になる
根茎  結節がない 1年に一個の結節を作る

ヒゲナガクロハバチ

アマドコロの葉は悲惨なことになっています。真っ黒な芋虫が並んで葉を食べまくっています。正体はヒゲナガクロハバチの幼虫でアマドコロやナルコユリなどのキジカクシ科の植物を食卓としています。

ヒゲナガクロハバチの成虫

北海道から九州の分布するハバチ科ヒゲナガクロハバチ亜科の全身真っ黒な1cmほどのハバチです。出現は5~9月。食卓の茎に皮を剥ぐように産卵管を差し込んでピンク色の卵を産み付け、少し位置をずらしながら産卵をします。数日後、頭部が薄茶色でピンク色が透けて見えるの透明な初齢幼虫が孵化します。

ヒゲナガクロハバチの幼虫

撮影日 5月21日

頭部が黒色の灰色の中齢幼虫と真っ黒で胸部に突起のある終齢幼虫が一緒に。

ヒゲナガクロハバチの終齢幼虫

撮影日5月21日

ホウチャクソウ

イヌサフラン科のホウチャクソウもよく似た花を付けます。

イヌサフラン科のホウチャクソウの花

イヌサフラン科~ホウチャクソウ(宝鐸草)

薄暗い場所に緑色を帯びた白い花を下向きにつける姿は静かで力強さを感じます。 ホウチャクソウの特徴 イヌサフラン科(以前はユリ科)チゴユリ属の多年草です。日本全国の雑木林の開けた場所に分布します。名の由 ...

続きを見る

-植物, 野草 雑草, 生き物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.