植物 ふれあい広場 植物の構造

ミズキ科~ハナミズキ(花水木)

長く楽しめる花弁のように見える総苞、赤い実、そして紅葉と、魅力的です。

ハナミズキの特徴

北米、メキシコ北東部原産のミズキ科ミズキ属の落葉高木です。英名は樹皮を犬の蚤の薬として使ったことからドッグウッド。和名はアメリカヤマボウシ(アメリカ山法師)

花に見えるのは

風呂敷を包んだような形のハナミズキの総苞片

4月の中旬のハナミズキ(花水木)です。風呂敷に包んだような面白い形です。

ハナミズキの丸みがあり先端が窪んでいる総苞片

こんな形のものもありました。

中央に顔を見せている緑色の粒粒がハナミズキの花

花弁のように見えるのは総苞片です。中央に顔を見せている緑色の粒粒が花です。総苞片は丸みがあり先端が窪んでいます。花(総苞)の色は白、他にピンクや紅色があります。

花弁のような総苞片、緑色の部分がハナミズキの花

ハナミズキの緑ががった黄色の4枚の花弁

花の時期は4~5月。花は直径5mm程の頭状花序で4枚の花弁は緑ががった黄色で地味です。雄しべが4本、雌しべが1本。花弁はすぐに落ちてしまいます。

ハナミズキ、花弁はすぐに落ちてしまいます。

果実と紅葉

ハナミズキの果実

結実しました。水分の多い核果です。

ハナミズキの赤く色づいた果実と紅葉

実が赤く色づき、紅葉も始まりました。葉は6~10cmの楕円形で枝先に集まって対生につき、縁が波打ち葉脈が目立ちますヤマボウシの実は美味しいと聞いたことがありますが、ハナミズキはまずいそうです。

桜とハナミズキ

1912年東京市がアメリカに桜を送り、ワシントンのポトマック河畔に植えられました。それを記念して全米桜祭りが行われています。桜の返礼として1915年に40本の白色のハナミズキが贈られ、日本にハナミズキが登場しました。さらに1917年には赤色のハナミズキが贈られました。

それ以前にも様々な人たちによって桜を植える試みが幾度となくなされていたそうです。1909年にも2000本の桜の木が海を渡りましたが、不幸なことに苗木が汚染されていて焼却処分されました。そこで兵庫県東野村の山桜を台木に接ぎ木をされ60種類近くの桜の苗木が準備され、再度海を渡ったのが1912年。戦争の折には東洋の桜と呼び守られたそうですが、日本に贈られたハナミズキは行方不明になったと聞いています。それ以降も桜による交流が続けられているそうで、植物や人々の力は偉大です。

関連記事

同じミズキ科のヤマボウシはよく似た花を付けます。違いはーヤマボウシの花は葉が出た後に花を付け、総苞片の先は尖っています。また果実の出来方も違います。詳しくは↓

ヤマボウシの果実
ミズキ科~ヤマボウシ(山法師)

初夏には葉陰に先端が尖った白い花が涼やかで、秋には長い柄の先に真ん丸の赤い実が付き、また品種によっては紅葉も楽しめます。 ヤマボウシの特徴 ミズキ科ミズキ属の落葉高木です。別名ヤマグワ。本州から九州、 ...

続きを見る

-植物, ふれあい広場, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.