自然教育園 植物 生き物 水生植物 植物の構造 育て方

ミソハギ科~ミソハギ(禊萩)

蒔く名の由来は禊に使ったことから禊萩、溝に生えている意味の溝萩ともいわれます。お盆には欠かせないことからボンバナ(盆花)ショウリョウバナ(精霊花)の名もあります。

ミソハギの特徴

ミソハギ(禊萩)の花は凸凹

日本と朝鮮半島に自生するミソハギ科ミソハギ属の多年草です。草丈は80~100cm。

茎・葉

濃い緑色で十字に対生につき基部と先端が尖った披針形のミソハギ(禊萩)の葉

茎の断面は四角、下部は木質化します。葉は6~15mmと小さく十字に対生につき基部と先端が尖った披針形です。濃い緑色で基部は茎は抱きません。

ミソハギの葉

4~6枚の花弁の花を枝腋に3~6個付けるミソハギ(禊萩)

7~9月にはすくっと立った姿に赤紫色の花を付けます。茎の先端に最初の花をつけ、次々と穂状に花を付けていきます。

ミソハギミソハギ科

花径15mm、長さ7mm、花弁は4~6枚の花を枝腋に3~6個付けます。雄しべは12本で内6本が長く、花弁は凸凹しています。

ミソハギ(禊萩)萼と萼の間に針のような付属片があります。

萼は筒状で6枚、萼と萼の間に針のような付属片があります。

果実

萼筒の中に長さ4.5mmの果実があり、種子は1.2mmほど。

ミソハギ(禊萩)萼筒の中に長さ4.5mmの果実があり、果実は、種子は1.2mm

こんな虫たちが

オオカマキリ

自然教育園の武蔵野植物園のミソハギで見つけたオオカマキリ、じっと獲物を待っていましたがことごとく失敗、案外横着もの。

ミソハギにハキリバチ

自然教育園水生植物園のミソハギにいたハキリバチの仲間でしょうか

ミソハギにキタキチョウ

自然教育園の水生植物園のミソハギにいたキタキチョウ。

育て方

浅い水の中でも育ち、湿りけのある日当たりの良いところなら育つ丈夫な花です。冬には地上部は枯れ、春になると芽が吹きます。細い根を出し地下茎で増えて群生します。2月~3月に種を蒔くと8月に花が見られます。植え替え、株分けは2~3月、地下茎をあまり短くならないように切ります。差し芽は5~6月。

-自然教育園, 植物, 生き物, 水生植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.