自然教育園 生き物

ハムシ科~イタドリハムシ(虎杖葉虫)

小さな体ながら黒に黄色や赤の斑紋が入ったよく目立つハムシです。

イタドリハムシ

  • 甲虫目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州の平地から山地まで広く分布
  • 大きさ 7~9mm
  • 出現 4~10月
  • 食草 タデ科イタドリ、スイバ、ギシギシ
  • 完全変態
  • 越冬 成虫
  • 別名 カメノコウムシ(亀の甲虫)
イタドリハムシ

4月17日・ホウチャクソウ・自然教育園

成虫

イタドリハムシ

6月2日・自然教育園

 

楕円形で背面がやや盛り上がり、体色は黒色。前翅は艶のある黒色に黄色もしくは赤い斑紋が入り、多数の点刻が列をなしています。頭部は艶のある黒色、前胸に半ば隠れています。触角は長く鋸状。

イタドリハムシ

6月2日・自然教育園

 

危険を感じると手足を引っ込めてポロリと落ちます。

イタドリハムシ

4月8日・自然教育園

前胸には1対の窪みがあります。

イタドリハムシ

4月17日・自然教育園

生態

成虫では落ち葉の下や朽木の樹皮のあいだ、岩の隙間などで集団で越冬します。5~6月に食草に卵塊状態で産卵します。幼虫は体色は透明感のある黄緑色に黒点が多数入ります。成長すると土中で蛹化し夏頃に新成虫が出現します。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.