植物 植物の構造 育て方

アブラナ科~キバナアリッサム・サミット

黄色い花はいかにもアブラナ科の花、見慣れたスウィートアリッサムに花は似ていますが、咲き方が違います。

キバナアリッサム・サミットの特徴

アブラナ科アウリニア属の多年草です。ヨーロッパ中部、南東部原産、学名アリッサム・サクサティレ、別名、宿根アリッサム、ゴールドダスト、バスケット・オブ・ゴールド。

キバナアリッサム・サミット

サミットは小型に改良された品種で草丈15~20cm。葉は互生、披針形で灰白色、茎、葉表裏とも軟毛に覆われています。常緑で匍匐するので花のない時期でもグランドカバーとして重宝されます。

キバナアリッサム・サミット

花期は10~4月、スウィートアリッサムと異なり葉腋から長く花茎を伸ばして茎頂に散形花序を付けます。鮮やかな黄色い花弁は4枚、雌しべ1本、雄しべ6本、子房は緑色で2室です。葯は黄色、葯が破れて白色の花粉が出ています。花にはよい香りがあります。

果実

キバナアリッサム・サミット

果実は短角果、先端に花柱が残っています。縁には翼があります。

関連記事

果実が同じアブラナ科のマメグンバイナズナによく似ています。

マメグンバイナズナ(豆軍配薺)
アブラナ科~マメグンバイナズナ(豆軍配薺)

ナズナの中でも良く見ることが出来る植物です。小さいながら果実の形が名前通りの楽しい植物です。 マメグンバイナズナの特徴 アブラナ科マメグンバイナズナ属の越年草です。北米原産で明治時代中期に帰化しました ...

続きを見る

育て方

日向、乾燥気味の場所が向いています。高温多湿は苦手です。耐寒温度はー15℃、耐寒性はあり暖地では冬越しができます。耐暑性はやや弱く株を小さくして水やりを減らして半日陰に置きます。花後に剪定します。剪定した茎で刺し芽ができます。零れ種で増えていきます。目立った病害虫はなく、新芽に付くアブラムシに注意します。

-植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.