自然教育園 植物 野草 雑草 つる植物 水生植物 植物の構造

キョウチクトウ科~コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)

水生植物園で蔓をあちこち巻き付けて咲く暗紫色の小さな面白い花を見つけました。その後すっかり他の植物に覆われて見失っていましたが、長い種髪が特徴の変わった果実をやっと見つけました。

コバノカモメヅルの特徴

コバノカモメヅル

キョウチクトウ科カモメヅル属の多年草で関東地方から近畿地方にかけての草原や湿地に自生する在来種の多年草です。

コバノカモメヅルの葉

茎は蔓状になってよく分岐し1~2mになり、他の植物に巻き付きます。葉は対生、幅1~2cm、長さ3~11cmの披針形、先が尖り基部は心形、全縁、両面無毛ないし短毛があります。

コバノカモメヅルの花

花期は7~9月。葉腋から1~2cmの総花柄の先に数個の花を付けます。萼は5裂、花径7~15mm、花弁は暗紫色で長く伸び先端は鈍形で捻じれます。中央にあるのは雌しべを雄しべが囲んで短筒状に合着したずい柱と呼ばれるものです。その外側にずい柱の半分の長さの花弁と同色の三角状卵形の副花冠があります。花粉は花粉魂の状態で葯の間にある紫黒色の付属体に2個、ぶら下がっていて外からは見えません。

果実

コバノカモメヅル.の果実

5~7cmの袋果、種子は8mmほど卵形で黒褐色、狭い翼があり表面は細かい皺があり、白く長い種髪が付きます。種髪は丸く広がり風に乗り散布されます。

コバノカモメヅルの果実

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, つる植物, 水生植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.