自然教育園 植物 毒のある植物 植物の構造

ミカン科~コクサギ(小臭木)

変わった葉の並び方の木、地味な雌雄異株の花、パチンと弾け飛ぶ種子、と話題豊富な木です。

コクサギの特徴

コクサギ

本州から九州、朝鮮、中国南部の山野や沢沿いのやや湿った場所に自生する在来のミカン科コクサギ属の落葉低木です。学名Oixa japonica。クサギはクマツヅラ科、臭気が似ていて小型だからこの名が付いたという説もあります。

コクサギの幹

樹高1~5m。主幹がなく株立ち、幹は灰褐色で縦の縞模様と横長の皮目が特徴です。

コクサギ型葉序

コクサギ型葉序

若い茎は灰褐色または赤紫色で毛が条になっています。葉はコクサギ型葉序と呼ばれ枝先は四方に葉が出ますがその下は2枚ずつ対になって互生に付きます。サルスベリも同様の葉序です。葉は幅3~7cm、長さ5~13cmの菱状卵形で基部は楔形、葉の先端の方が幅が広く先端が短く尖ります。全縁もしくは浅い鋸歯があり、縁が巻き込みます。柔らかく表面は艶があって無毛もしくは脈上に毛が散在します。葉裏は毛が多く緑白色です。油点があり臭気がありますがクサギほど嫌な臭いではありません。茎葉にはアルカロイドを含み煎じて殺虫剤などに利用されていました。ミヤマカラスアゲハの食卓です。

花期4~5月。雌雄異株です。

雄花

コクサギの雄花

前年度の葉腋から2~4cmの花序を出し10数個の黄緑色の雄花を付けます。花径8mm、三角形の萼は4枚、長楕円形の花弁4枚、雄しべ4本、葯は黄色、白い花粉が出ています。雌しべは退化しています。

雌花

コクサギの雌花

雌花は1個づつ付きます。花径1cm、萼は卵形4枚、長楕円形の花弁は4枚、退化した仮雄しべが4本、花柱は柱状、緑色の柱頭は4裂します。

コクサギの雌花

花弁が1枚多いように見えますが。

果実

コクサギの若い果実

若い果実です。果実は2~4分果。

コクサギの果実

果皮は木質、10~11月、熟すと上部が裂開して厚みのあるクリーム色の半透明の内果皮がバネのように黒い種子を弾き飛ばします。

落ちていたコクサギの発射装置

落ちていた種子と発射装置です。

コクサギの種子が落ちた跡

種子が落ちた後しばらくこのまま残ります。

-自然教育園, 植物, 毒のある植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.