自然教育園 野草 雑草 植物の構造

バラ科~クサイチゴ(草苺)

群生したクサイチゴには熟した果実があちこちに、艶やかな透き通った赤い果実は美しく美味しそう。

クサイチゴ

バラ科キイチゴ属の落葉(常緑)低木
分布 朝鮮半島、中国、日本(本州から九州)の山野
在来種
樹高 20~60cm
花期 4~5月
果期 5~6月
名の由来 背が低く這うように枝を伸ばす草状の木
別名 ワセイチゴ(早稲苺)ーキイチゴの中では早く実を付けるから

クサイチゴの葉

地下茎で横に広がり、春に新しい茎を出します。茎、葉には軟毛と腺毛、細かな鉤状の刺があります。葉は互生、10~25cmの奇数羽状複葉で、重鋸歯があります。花枝は3小葉、花の付かない枝は5小葉のことが多いようです。頂葉は大きく、先端が尖った卵状楕円形、側葉は卵形です。葉脈は表面は凹み葉裏に隆起しています。両面とも軟毛があり、特に裏面は軟毛が多く粉白色で裏面の脈上には小さな刺が疎らにあります。

クサイチゴの蕾 

花柄、萼の外側には軟毛と腺毛があります。萼は披針状3角形で先端は長く尾状に伸びます。先端に丸みを持った赤色の毛が腺毛で粘液を出します。

クサイチゴの花

咲き始めのクサイチゴの花です。

クサイチゴの花

花径4cmほどと大きな白い花です。萼、花弁は5枚で平開します。多数の雌しべの周りに多数の雄しべがあります。花糸は糸状で白色、葯は最初白色。

クサイチゴ

棍棒状に突き出した花托に沢山の雌しべがぎっしりと付いています。雄しべはしおれ、花柱は先端から褐色になっていき、受粉した子房が膨らみ始めます。

果実

クサイチゴの果実

果実は1cmほど、球形の核果が集まった集合果です。花柱が残っています。果実の隙間には受粉しそこなった褐色の花柱がへばりついています。熟すと赤色になって、芳香があります。中には1個の淡褐色の核があります。酸味の少ないキイチゴの中では美味しい果実です。

-自然教育園, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.