自然教育園 生き物

ヒシバッタ科~トゲヒシバッタ

トゲのあるヒシバッタです。

トゲヒシバッタ

トゲヒシバッタ

4月22日・自然教育園

  • バッタ目ヒシバッタ科トゲヒシバッタ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 生息地 傍に水田、池、休耕田などがある草原
  • 出現期 3~11月
  • 大きさ 17~20mm
  • 食草 葉
  • 不完全変態
  • 越冬 成虫
トゲヒシバッタ

4月23日・自然教育園

 

背面から見ると菱型のバッタです。前胸部は後方に伸び、名前の通り、両側に刺があります。背面は平たく灰褐色や黒褐色、個体により変異があります。前翅は短く後翅は前胸背に沿って長く開くと扇形です。触角は短く淡色、先端は黒色です。

トゲヒシバッタ 

驚くとピョーンと飛び去ります。見たことはありませんが平泳ぎが得意とか、水の背中が平らなので抵抗がなさそう。

トゲヒシバッタ

4月23日・自然教育園

背面の色が薄い個体です。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.