自然教育園 植物 野草 雑草 ひっつき虫 植物の構造

キク科~ヤブタバコ(藪煙草)とコヤブタバコ(小藪煙草)

放射状に枝を伸ばして点々と黄色い花を下向きに付ける花序が特徴的なヤブタバコ、花がヤブタバコより大きく、沢山の苞葉の飾りが付いているのがコヤブタバコ。結構、厄介なひっつき虫です。

ヤブタバコの特徴

日本全土に分布する在来種でキク科ヤブタバコ属の越年草です。名の由来は根生葉がタバコの葉に似て藪に生えることから。

茎・葉

ヤブタバコ

草丈50~100cm。茎は太く直立し、上部には丸い節が出来、ほぼ水平に放射状に数本の長い枝を出して花序を付けます。

ヤブタバコ

根生葉と下部の葉は長さ25~30cmと大きく広楕円形、薄く両面に短毛があります。葉の先端は尖り、基部は狭くなり翼のある葉柄に流れます。葉縁には不規則な鋸歯があります。上部の葉は互生、長楕円形で葉柄が短く小さくなります。葉裏は緑白色で葉脈が浮き上がります。根生葉は花期には枯れます。

ヤブタバコの花

花期は9~10月。葉腋に1個ずつ1cm足らずの黄色い基部が膨らんだ鐘状の花を下向きに付けます。たまに横や上を向いているものも見かけます。柄がなく基部には数枚の苞葉を放射状に付けます。舌状花はなく筒状花のみで総苞片は3列、外側には雌花、中央には両性花が付き、両性花が結実します。

果実

ヤブタバコの果実

痩果は褐色の長さ3.5mmの円柱形で先が細くなり白い輪があり基部と先端に粘液腺が残り衣服や動物にくっついて運ばれるひっつき虫です。かなり厄介なべたべたです。臭気があります。

ヤブタバコの果実

コヤブタバコの特徴

本州から沖縄に見られる在来種でキク科ヤブタバコ属の越年草です。

コヤブタバコ

草丈50~100cm。茎は太くよく分岐して横に枝を伸ばします。根生葉、下部の葉は大きく10~25cmの長楕円形、葉の先端は尖り、基部は狭くなり翼のある葉柄に流れ、不揃いの細かな鋸歯があります。上部の葉は小さくなります。葉裏に葉脈が浮き出ます。根生葉は花の時期には枯れます。

コヤブタバコの花

花期は7~9月。葉腋に柄がある淡緑色の頭花を下向きに1個付け、基部には披針形の葉状苞を多数つけます。総苞は半球形、花径は15~18mmとヤブタバコより大きい。

ヤブタバコの花

内総苞片が白く花弁の様、筒状花のみで外側が雌花、中央が両性花です。葯筒から2裂した花柱が覗いています。

果実は5mmの痩果、円柱形で縦皺があり先端には粘液腺があり粘るひっつき虫です。

関連記事

よく似たヤブタバコ属のひっつき虫です。

キク科~ガンクビソウ(雁首草)

小さな黄色い花が灯りが点るように付いた姿は控えめな目立たない花ですが、傍を通るだけで茶色い棒状のものがくっ付き、しかも粘って大変です。 ガンクビソウの特徴 本州から九州の林内の半日陰に自生する在来種で ...

続きを見る

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, ひっつき虫, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.