生き物

アカビロウドコガネ(赤天鵞絨黄金虫)

雨上がりの葉の上にアカビロウドコガネを見つけました。

赤褐色から暗赤褐色で表面にビロードのような細かな毛が生えているアカビロードコガネ

アカビロウドコガネの特徴

コガネムシ科コフキコガネ亜科ビロウドコガネ属。ビロウドコガネ類の中で一番よくみられる種類です。5月~8月頃、北海道から九州まで見られます。赤褐色から暗赤褐色で表面にビロードのような細かな毛が生えています。1cmほどのずんぐりした下膨れのコガネムシです。

ビロードのような細かな毛が生えたずんぐり下膨れのアカビロードコガネ

アカビロウドコガネの生態

卵→幼虫→蛹→成虫の完全変態です。7月、地表下3~5cmの所に100個ほどの卵魂で生みます。秋に羽化した成虫はそのまま蛹室で越冬します。

食性は広範囲で成虫は草木の花や葉を幼虫は地中で草木の根を食べます。
昼行性ですが、灯火にもよく来ます。

アジアンティック・ガーデン・ビートル

アメリカでは日本からの侵入種のなかで農業上の有害害虫として恐れられているのはマメコガネ、セマダラコガネ、そしてアカビロウドコガネです。先ず1916年に侵入したマメコガネはジャパニーズ・ビートルと呼ばれ爆発的に増加し豆類やジャガイモなどに打撃を与えました。1920年にはハワイを経由して侵入したセマダラコガネはトウモロコシ、芝の根に打撃を与えてオリエンタル・ビートルと呼ばれ、その後侵入したアカビロウドコガネも食性は広範囲でアジアンティック・ガーデン・ビートルと呼ばれて恐れられているそうです。

関連記事

コガネムシ科~マメコガネ(豆黄金)

自然教育園の武蔵野植物園で7~8月にかけて沢山のマメコガネが見られました。印象的な小型のコガネムシです。 マメコガネの特徴 体長8~15mmの小型のコガネムシです。北海道から九州に分布する普通に見られ ...

続きを見る

セマダラコガネ
セマダラコガネ(背斑黄金虫)

コガネムシ科のセマダラコガネは日本原産で日本全国にごく普通に生息しています。 セマダラコガネの特徴 体長は8~14mmと小さく前胸背板は黄褐色に緑黒色の大きな斑紋が左右にあり、翅鞘には暗黒色の斜帯状の ...

続きを見る

 

-生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.