植物 野草 雑草 ひっつき虫 植物の構造

ヒユ科~ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)

側を通ると引っ付き虫を連れてきてしまいます。結構がっちりくっついて取るのが大変です。

ヒナタイノコヅチの特徴

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)の花

ヒユ科イノコヅチ属の多年草、ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)です。中国と北海道の一部から九州まで分布しています。

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)の四角形の茎

茎は四角形で紅紫色、節で枝分かれして節のところが膨らみます。

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌

葉はやや厚く光沢はなく長さ5~12cm、対生に付きます。葉の両面に毛があり、縁が波状になっています。ねじれる葉もあります。

根は地中深く伸びて抜くのは結構大変です。乾燥させた根は牛膝(ごしつ)と呼ばれ利尿、腹痛、関節痛の生薬になります。

ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)の花

花は気づかない程地味です。草丈は40~90cm。全体的に毛が多く特に花序の軸には密生しています。淡緑色の花は8~9月に咲き、花径6mm、雌しべ1本雄しべ5本、萼は5枚。雄しべの間に膜状の仮雄ずいがあります。

果実

萼を閉じ下向きに花軸に圧着するヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)の果実くっつき虫

花後萼が閉じて下を向き花軸に圧着するようになります。果実は熟しても開かず長く付いています。果実の外側には長いとげのようなものが2本ありこれで衣服や動物の体にくっつきます。長いとげの付け根に白い0.5mmの小さな丸い付属物がついています。

ヒナタノイノコヅチとヒカゲノイノコグチ

よく似たヒカゲイノコヅチの違い

ヒカゲイノコヅチは

小苞の間の付属体が1mmと大きい
葉が薄く、葉先がとがる
葉がねじれない
毛が少ない
花序が長く花がまばら
仮雄ずいが不明確
茎が緑色

といってもなかなか区別は難しいですね。

-植物, 野草 雑草, ひっつき虫, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.