植物 野草 雑草 生き物 毒のある植物 植物の構造

ナス科~イヌホオズキ(犬酸漿)

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれています。別名、役に立たないから「バカナス」。

特徴

イヌホウズキの花

古い時代に帰化した、ナス科ナス属の1年草の植物で毒性があります。

草丈30~60cm。葉は互生、長さ3~10cm、艶がなく厚みがある広卵形です。ガサガサした感じで波型の鋸歯があるものや全縁のものがあります。この葉には両面に短毛が散在しています。

イヌホウズキの花

花期は8~10月。多く分岐した枝先に直径6mmほどの白い花を4~10個、総状に付けます。萼は浅く5裂し、花弁は深く5裂して平開、または反り返っています。薄紫色の花柱が伸びて周りの黄色い葯が目立ちます。

果実

イヌホウズキの果実

花後、花柄は下垂し、青い実ができます。直径7~10mmの液果は緑色から、黒色に変わります。実の中には沢山の種があります。鳥が少しずつ食べてあちこちに糞をして、イヌホウオズキをどんどん増やしています。

オオニジュウヤホシテントウ ニジュウヤホシテントウの食卓

イヌホウズキにオオニジュウヤホシテントウ

オオニジュウヤホシテントウ

オオニジュウヤホシテントウやニジュウヤホシテントウをよく見かけます。イヌホオズキは彼らの大好きな食卓です。

イヌホウズキにオオニジュウヤホシテントウの卵

葉裏に卵を産んでいました。

イヌホオズキとアメリカイヌホオズキ

最近増えてきたのが、北アメリカ原産のアメリカイヌホオズキです。

イヌホオズキ
白い花少しずれてつく艶のない実厚めの広卵形の葉

アメリカイヌホオズキ
白や薄紫の花一点から放射状につく艶のある丸い実薄く細めの葉

イヌホウズキの花

アメリカとつくと大型の植物を想像しますが、イヌホウオズキよりアメリカイヌホオズキの方が華奢です。ですが、個体差があって見分けるのはなかなか難しいです。

イヌホウズキの果実

野菜?毒?厄介者?

ナス科ですからソラニンやチャクニンを含み全草毒です。天日干ししたものは竜葵(りゅうき)という解熱、利尿作用のある生薬です。

アフリカや東南アジアでは柔らかい葉や茎は大切な野菜で、茹でこぼして食べるとか、ソラニンは水溶性ですから大丈夫なんですね。実は熟すと美味しいという話がありますが、本当でしょうか。ちょっと食べる勇気がありません。

大豆畑に侵入されるととても厄介者なのだそうです。栄養素を奪う事は勿論、成長期が長く、排除してもいつの間にか存在し、一緒に収穫してしまうと脱穀時に果実の汁で大豆の実が汚れ等級が下がってしまうそうです。

関連記事

イヌホオズキが大好きなテントウムシのようでピカピカしていない奴

テントウムシダマシ~ニジュウヤホシテントウとオオニジュウヤホシテントウ

テントウムシダマシとは? テントウムシ科マダラテントウムシ亜科。テントウムシの体液にはアルカロイドが含まれているので鳥が嫌います。ちゃっかり「テントウムシ」のふりをしているので「テントウムシダマシ」な ...

続きを見る

ナス科にはとんでもない悪魔の雑草

ワルナスビ果実
ナス科~ワルナスビ(悪茄子)とニジュウヤホシテントウ

ナスの花とよく似ていると思ったら、ナス科だけどとても厄介なワルナスビ(悪茄子)でした。 特徴 ナス科ナス属の多年草です。北アメリカ原産で、明治初期に千葉県の牧場で初めて見つかり、家畜の糞から拡散し今で ...

続きを見る

ナス科らしく危険な、でも華やかな花

エンジェルトランペット
ナス科~キダチチョウセンアサガオ(エンゼルトランペット)

沢山の大ぶりな花がぶら下がってダイナミック、花弁の縁がの長く伸び縁も反り返ってそれぞれに動きがあってみていてなかなか楽しい花です。 キダチチョウセンアサガオの特徴 ナス科キダチチョウセンアサガオ属また ...

続きを見る

-植物, 野草 雑草, 生き物, 毒のある植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.