植物 植物の構造 育て方

ムラサキ科~ネモフィラ(瑠璃唐草)

ネモフィラはギリシャ語のネモス{小さな森)とフィレオ(愛する)という言葉に由来します。森林の周辺に自生することから付いた名前です。その名がよく似合う愛らしい花です。

ネモフィラの特徴

ネモフィラ

ムラサキ科(ハゼリソウ科)ネモフィラ属の1年草です。ネモフィラは北アメリカ原産、十数種が分布しています。日本には1914年に渡来しました。和名はルリカラクサ(瑠璃唐草)、細かく切込みのある葉の形から唐草の名が付きました。

ネモフィラ・マクラータ

青いインクが滲んだような模様が印象的なネモフィラ・マクラータ

草丈30㎝、花径も3cmと大きい。英名ファイブスポット。カリフォルニアの森林の周辺に自生します。白花に呼ばれる青いインクが滲んだような模様があります。

色の変化が美しいネモフィラ・マクラータの蕾

開花は4~5月。

ネモフィラの濃紫色の葯

分岐した葉腋から花茎を伸ばし花茎2~3cmの頭花を付けます。花弁は5枚。雌しべ1本、先端が2裂しています。目玉が付いているみたい。雄しべ5本、葯は濃紫色、白い花粉があふれています。

ネモフィラ・マクラータ

草丈10~20cm。茎はよく分岐して匍匐し20cmほどになります。茎や葉には柔毛があります。葉は柔らかく7~9の深裂する羽状複葉です。対生または互生。

ネモフィラ・マクラータ

緑色の子房が目立ってきました。

ネモフィラ・マクラータの果実

若い果実です。茶色くなってから採取します。

ネモフィラ・メンジェシー

ネモフィラ・メンジェシー

インシグニスとも呼ばれる代表的な品種。オレゴン、カリフォルニア原産。真ん中の白色に空色、青紫色の覆輪があります。対比が美しい。英名ベビー・ブルー・アイズ

ネモフィラ・メンジェシー

ネモフィラ・プラチナスカイ

メンジェシーの変種、同じ青い花で茎が緑葉がシルバーの品種です。

ネモフィラ・ペニーブラック

ネモフィラ・ペニーブラック

メンジェシーの変種、ディスコイダリスの園芸品種。蕾は白色。

ネモフィラ・ペニーブラック

黒に近い紫色の花で縁と裏面が白色のシックな花です。草丈も花も小さめです。

ネモフィラ・ペニーブラック

ネモフィラ・スノーストーム

白色に黒紫色rの斑点が散らばるネモフィラ・スノーストーム

メンジェシーの変種、アトマリアのの園芸品種。白花に黒紫色の細かい斑点が散らばっています。

育て方

霜よけは必要ですが耐寒性はあります。夏には枯れます。

種蒔き
9~10月に3~4粒種をポットもしくは直播して本葉3~4枚の時に間引きます。種は嫌光性なので2mmほど土をかけます。

植えつけ
ポットの場合は10月に根が回ってきたら日当たりの良いところに植え付けます。直根性ですので根を傷めないように気を付けます。過湿に弱いので浅植えにします。

肥料
少なめに。多いと葉ばかり茂って花付きが悪くなります。

病害虫
アブラムシが付くことがあります。灰色かび病予防のために枯葉や弱った葉をこまめに取り除きます。

-植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.