植物 池田山公園 水生植物 植物の構造

ショウブ科~セキショウ(石菖)

地味な花だといわれますが、棒状に小さな花がびっしりとついて葉陰でキラキラ輝いて見えます。

セキショウの特徴

セキショウ

ショウブ科ショウブ属の多年草で、本州から沖縄までの沢の縁や浅水域に生息しています。根茎を乾燥させたものは健胃、鎮痛の生薬に、またかつては菖蒲の代わりにお湯に入れられていたそうです。

セキショウ

草丈は20~40cm。根茎は太くよく分岐します。葉は根生し幅3~10mm、長さ20~50cmの線形で弧を描いて垂れます。色は濃緑色で葉脈が数本ありますが、ショウブと異なり中央の葉脈はなく平坦です。

セキショウの花

花期は4~5月。10~30cmの花茎を根生し直立または斜上します。苞は葉状、肉穂花序は淡黄色で3mmほどの花をびっしりと付けます。3枚の内花被片と3枚の外花被片を付けます。雌蕊は6角形で黄白色、子房が3室、それを囲むように雄蕊は6本、3本が早く花粉を出します。葯は黄色、黄色い花粉が溢れています。葉にも花粉が付いています。

果実

セキショウ

雄蕊は花粉を出し尽くし茶褐色になりました。

セキショウ果実

約3mmの蒴果で4~6個の種子が入っています。

-植物, 池田山公園, 水生植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.