つる植物

自然教育園 植物 つる植物 植物の構造

サルトリイバラ科~サルトリイバラ(猿捕茨)

2020/7/4  

猿でも脱出できないと言われ名が付いたサルトリイバラ、あちこちに絡まって野放図に伸びた蔓に荒々しさを感じます。 サルトリイバラの特徴 サルトリイバラ科シオデ属の蔓性低木です。ユリ科に所属していましたが遺 ...

オニドコロ雌花

自然教育園 植物 野草 雑草 つる植物 毒のある植物 植物の構造

ヤマノイモ科~オニドコロ(鬼野老)とヤマノイモ(山の芋)

2020/1/30  

あちこちに巻き付いて賑やかに花序を出していたオニドコロもすっかり枯れてしましました。 オニドコロの特徴 ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草です。北海道から九州の山野に生える在来種です。 葉 根茎は ...

植物 つる植物 毒のある植物 植物の構造 育て方

キョウチクトウ科~マンデビラ・ローズ・ジャイアント

2020/2/2  

艶のある特徴的な大きな葉と春から秋にかけて、真夏の太陽にも負けず、鮮やかな大振りの花が楽しめる植物です。ローズ・ジャイアントはマンデビラの中でもよくツルが伸び花も大きい品種です。 マンデビラ・ローズジ ...

キヅタ

自然教育園 植物 池田山公園 生き物 つる植物 植物の構造

ウコギ科~キヅタ(木蔦)

2020/1/31  

沢山の虫を呼んでいる木の下を覗いてみると大きな岩を覆うように根を伸ばしています。 キヅタの特徴 ウコギ科キヅタ属の常緑つる性の木本。キヅタの名はブドウ科のツタに対して木本的という意味(木部が発達した多 ...

ルコウソウ

植物 つる植物 植物の構造 育て方

ヒルガオ科~ルコウソウ(縷紅草)

2020/2/2  

細い繊細な葉に紅色の鮮やかな花が印象的なルコウソウ、意外に種をまき散らして旺盛なパワーの持ち主です。縷は細い糸の意味で、別名カボチャアサガオ(南瓜朝顔)ホソバルコウソウ(細羽縷紅草) ルコウソウの特徴 ...

ツタバウンラン

植物 野草 雑草 つる植物 植物の構造

オオバコ科~ツタバウンラン・マツバウンラン・ムラサキウンラン

2020/5/5  

ウンランの名前が付いたオオバコ科の植物です。 ツタバウンラン ヨーロッパ地中海沿岸に自生し、大正元年にロックガーデン用として帰化しました。北海道、本州、四国の石垣や道端の隙間に分布しています。ツタカラ ...

トケイソウ.(パッシフローラ・カエルレラ)

植物 つる植物 植物の構造 育て方

トケイソウ科~トケイソウ(パッションフラワー)

2020/1/24  

何とも目を引く南国を思わせる花です。日本では雌しべの柱頭を時計の針に見立てて時計草、英名はパッションフラワー、と言っても情熱の花ではなく十字架のキリストに見立てて「キリストの受難」を表しています。熱帯 ...

紅紫色の蝶形のカラスノエンドウ花

植物 野草 雑草 つる植物 植物の構造

マメ科~カラスノエンドウとスズメノエンドウ

2020/1/18  

路端、野原や畑など至る所で目にするお馴染みの蝶型の花です。 カラスノエンドウの名前の由来は ・カラスのように果実が黒いからまた大きいという意味で「カラスノエンドウ(烏野豌豆)」 ・葉が矢筈に似ているこ ...

アブチロン

植物 つる植物 植物の構造 育て方

アオイ科~アブチロン(チロリアンランプ)

2020/1/18  

初夏に咲き始めた花が寒くなってもまだ次々と可愛い花を付けているアブチロン。アオイ科のアブチロン属の常緑低木で木立性と半蔓性種があります。 アブチロンの特徴 アブチロンはブラジル原産で熱帯と温帯に約10 ...

ヒヨドリジョウゴの赤い果実

植物 野草 雑草 つる植物 毒のある植物

ナス科~ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

2020/1/18  

8月、正体不明だったつる性の植物に花が咲きました。ナス科らしい花、ヒヨドリジョウゴでした。鳥が種を運んでくれたのでしょうか。東南アジア東アジアに広く分布していて日本全土でみられます。全草特に果実にソラ ...

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.