自然教育園 生き物

ホシホウジャク

ホバリングしながら蜜を吸っては、せわしなく花から花へとかなりのスピードで移動、おまけに翅を高速ではばたかせるので、なかなかいい写真を撮らしてくれません。

ホシホウジャク

スズメガ科ホウジャク亜科、北海道から九州、南西諸島に分布しています。成虫の出現は7~11月、年2回の発生。蛹で越冬するそうですが生態はよくわかっていません。

幼虫

ホシホウジャクの終齢幼虫

幼虫は4回脱皮し5齢幼虫は淡褐色と緑色に分かれます。長さ50~55mm、頭部から尾端まで縦条がありその下に斜線が入ります。食卓はアカネ科のヘクソカズラやアカネの葉です。

ホシホウジャクの終齢幼虫

頭部は丸みがあり幅は4分のⅠ程と小さく前方はすぼまります。単眼が6個あるそうですが写真では確認できません。胸脚は基部が黒色、中間部は黄色、先端は赤みを帯びます。

ホシホウジャクの終齢幼虫

尾角は7mmほど、全体に刺状の顆粒が散らばり先端が尖ります。基部の背側は紫色、先端は黄色と変わります。楕円形の気門は橙色で両端が白色です。

成虫

ホシホウジャク

開帳4~5cm、高い飛翔能力があります。前翅は褐色で止まっていると地味な蛾ですが、ホバリング中は胴部と後翅の黄色が目立ち一変して華やかに、腹部の白い帯もホシホウジャクの特徴です。昼間に飛び回り、長い口吻を伸ばしてツリフネソウ、ホウセンカ、アベリア、コスモス、ホウセンカなどの花の蜜を吸います。

ツリフネソウにホシホウジャク

ツリフネソウに頭を突っ込んで吸蜜中。

関連記事

幼虫の食卓ヘクソカズラ

アカネ科~ヘクソカズラ(屁糞葛)

ヘクソカズラ(屁糞葛)、名前からは想像できない可愛さです。アカネ科ヘクソカズラ属の多年草、日本、アジアに広く分布していています。 ヘクソカズラの特徴 花の時期は7~9月。葉の脇から集合花序を出します。 ...

続きを見る

成虫の大好きなツリフネソウ

ツリフネソウ科~ツリフネソウ(釣舟草)

赤紫色に黄色い斑点のある派手な花はいろいろな形に見えます。果実は軽い刺激でパチンと弾けて吹っ飛んでいきます。 ツリフネソウの特徴 北海道から九州まで見られるツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草です。春 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.